標準装備で盗難防止

ドライブ

年間三万件の依頼をこなしている鍵屋はこちらから。どんな鍵トラブルも解決してくれるプロが迅速に対応してくれます。

監視カメラの導入事例を確認して店舗に最適な形で導入をしてみましょう。気軽に相談をすることが出来るから安心です。

ヨーロッパや中国などでは車両の盗難が多かったので、対策方法として車両盗難防止センサーなどが開発されてきた。
高級車だけでなく、一般的な車にも、こうした盗難防止装置が付けられたことから、ヨーロッパをお手本に世界各国で車に付けられる様になった。
その一つとして数えられるのがイモビライザーである。
イモビライザーは鍵に付ける盗難防止装置となっており、車両と連動することで認証されなければエンジンが稼働しないという仕組がある。
車は大きく、移動しにくいものなので、あまり盗難はされにくいのではないかというイメージがある。
しかし、一度エンジンの基盤を操作することで稼働させることができれば、簡単に移動させることが可能なのである。
イモビライザーが搭載されている車両では、鍵との認証がなければ動かないので、二重に盗難を防止できるといえる。

日本でも車両の盗難は増えている。
このため、イモビライザー鍵作成の需要は増えている。
車両に標準装備されていることもあれば、後から機能として付けることもできる。
こうした盗難防止装置をつけていることで、大きなメリットがある。
それは車両保険が安くなるということである。
盗難保険をかけるときにイモビライザーが搭載されている鍵や車両があれば、月々の支払いが割引されるというサービスがある。
日本では実に月500件もの車両盗難があるといわれている。
大事な車両を守るための対策として覚えておいた方が良い。